フィレンツェのドゥオモ「クーポラと鐘楼」、どっちに上る!?

フィレンツェ観光ではずぜないドゥオモ=サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。この6つの施設を共通パスを使って全部制覇した訳ですが・・・私の年のせいもありますが(爆)、クーポラと鐘楼、2つ上って筋肉痛バッキバキになっております。若い方、健脚派の方は別として、体力的問題で上るのは1つでいい、あるいは両方とも上りたいけれど時間の関係で1つしか無理、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

両方ともに共通するのは

  • やっぱり上るのは大変(若い方、健脚派の方は別ですよ)
  • フィレンツェの町並みや遠景の見え方は同じ

では、クーポラ vs 鐘楼のそれ以外の違いはなんでしょう?実際に両方上ってみてきて、それぞれの特徴をあげてみたいと思います!

クーポラ(丸屋根)
  • 予約が必要。しかし同じ時間帯の人が並び、荷物検査をしてから入るので、時間きっかりに入れるとはかぎりません。上に行くほど通路の幅が狭くなるため、全体の所要時間は最低でも1時間くらい見ておいた方がいいでしょう。
  • クーポラの高さは107m(上れるところは90m)、階段数は464段。少しだけ鐘楼よりも高いですね。

  • クーポラ内部のフレスコ画「最後の審判」が間近見られる

  • クーポラの内部構造が体感できる
  • ぐるぐる狭い螺旋階段があるので、ちょっと目が回る

  • 最後の急な階段、また頂上は低目の柵だけなので、高所恐怖症の人はちょっと怖い

  • クーポラを真下に、鐘楼を真横に見られる

クーポラからの眺めの動画も、ぜひどうぞ!

鐘楼
  • 予約必要なし。並んでない&人が少なければ、最短で30分でも上り下り可能。予約が必要でないだけに、ハイシーズンはかなり並ぶ可能性も。
  • 鐘楼の高さは84m、階段数は414段。

  • 頂上までの床があるスペースから、下がのぞける(高所恐怖症の人はちょっと怖い)
  • クーポラよるは螺旋階段は少なく幅は広めなので、すれ違いは楽

  • 頂上は上まで金網があるので、高所恐怖症やお子さん連れにも安心
  • その分、写真を撮る時はカメラのファインダーを網目につっこむなど、工夫が必要

  • クーポラを同じ高さで真横に見られる
まとめ

せっかく共通バスがあるので、できれば2か所上って両方楽しむのが一番!ただし、両方続けてはかなりしんどいと思います。クーポラ予約とれなかった人は鐘楼を楽しみ、クーポラ予約できた方で時間がない方はクーポラのみ。時間がある方は、ぜひ鐘楼も・・・パス有効時間内で鐘楼への列が少ない時にタイミング良く上ってみて下さい!

ギャラリー(クリックすると拡大します)

 

【関連記事】
ドゥオモパスをフル活用!ドゥオモ関連施設6つを1日で制覇できるのか??

人気ブログランキング
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  2. 職人のアイディアが光る!フィレンツェのファインジュエリー工房&ショップ「IDRUS」

  3. 現地人が仕事中にランチに行く店を、簡単に見分ける方法

  4. フィレンツェ郊外の町・インプルネータで有名なものは?

  5. フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

  6. ミケランジェロ・ファン必見!フィレンツェ「ブォナッロ―ティの家」

  1. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  2. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  3. 【日本あるある】なんでそこに「イタリア」!?

    2019.07.14

  4. 兵庫県川西市の隠れ家的な家庭料理のお店「和みDining 森のくまさん」

    2019.07.13

  5. 【スマスイ、海遊館、ニフレル】阪神エリアで水族館、どこに行く?

    2019.07.12

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image