分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

日本の雑貨やパッケージの機能性は世界一!ちょっとしたことに配慮して作られていて、とても便利に快適に使えるようにできています・・・そんな日本の製品に慣れていると、イタリアのものはとっても不便に感じてしまうのです。たとえ、たったちょっとの使いにくさでも、20年近く住んで慣れてしまったとしても・・・まだまだイラッ(; ・`д・´)としてしまうのです。

その1:ラップ

使いにくいイタリア製品、のNO.1と言っても過言ではありません。イタリア在住日本人主婦の99%が「使いにくくて投げた」ことがあると思います(爆・私もその1人)。まず、日本の画期的な発明である「くるりんパッと(親指で固定して、くるっと箱を回すとパリっと切れる)」がないため、切る時はかなり慎重に端から引っ張っていくのですが、刃が悪いのか、ラップ自体が悪いのか?切れずにびよーんと伸びるんです。で、それを繰り返してる間に、無駄に粘着が良いのでラップ同士でくっついてしまい、使い物にならない→再度やり直す→びよーん→くっつく→イライラMAX!!・・・の最悪ループ・・・慣れた今では、心を無にしてラップと向き合うようにしていますが、あーイライラする。でもですね、この伸びやすさ&無駄に良い粘着力は、小さく切ってしまった場合などは便利~足りない部分をびよーんと伸ばしてがっつり貼れる!!~悪い所ばかり見ず、良い所を見つけるって、何事においても大事ですね(笑)

その2:ビスケット袋のテープ

イタリアではビスケットが朝食にすることも多く(それをカッフェラッテにつけながら食べる)、スーパーにも朝食用のビスケットがたくさん売っています。そのビスケットの包装、メーカーによってはこのように開封後に閉じるためのシールがついているんですが・・・便利そうでしょ?まぁ1回目くらいは便利なのですが、数回開封すると粘着力が落ちてくる&粉がついたりして、押さえてしっかり粘着させても徐々にはがれてくる・・・イラッ(苦笑)。シールが使えなくて結局ゴムで止めるなら、このシールやめて1セントでも安くして欲しい。

その3:ハムなどの開封口

よ~く見て下さい。どこがイラつきポイントでしょうか?開け口から引っ張ってもキレイに開けられない・・・それも実はあるんですが、もっと不条理な、納得いかないところがあるんです。注目は生ハムの向き~お分かりになりますか?・・・ハム類なんて、一度開封したら乾燥しちゃうので、開け口は最小限にしたいですよね?でもでもでも・・・この並びだと、下と左側全部、そして上も開けなくちゃいけない・・・空気入りまくり・触れまくりやんか!!もしこれが逆並びだと、右側は全部としても、上下は使いハムに合わせて最小限だけ開けることができるのに、何でこ~ゆ~とこに気が効かんかなっ!!!パッケージ開発部に主婦がおらんのか?おっても細かいこと気にせん主婦なのか!?・・・疑問は解決するはずもなく、生ハムを買うたびにイラっとしてしまう私です。

イタリア在住の皆さん、ちょっとイラついてしまう他のものがあったら、教えてください。きっと共感しまくること、間違いなし!!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング     

関連記事

  1. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

  2. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  3. 「バジルソース」は、松の実じゃなくってもいいんです

  4. 中国人による「なんちゃって寿司」は、進化しているのか?

  5. 2018年、我が家のオリーブの収穫は・・・豊作♪

  6. ギリシャ・ロードス島東海岸のおすすめビーチ5選!

  1. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

    2019.07.19

  2. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

    2019.07.18

  3. 洗練された西天満のイタリアン「オステリア・コモド・ヒロ」

    2019.07.17

  4. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  5. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image