次男の「初聖体拝領式」・教会編

長男から3年、時が経つのは早いもので、次男もプリーモ・コムニオーネ(初聖体拝領式)を迎えることができました。長男の時とは違い、カテキスタ呼ばれる子供たちに教理などを教える担当がやたら厳しく、なんだかこの1年は、特にこの式を迎える直前はまー、いろいろ大変でしたが、「一番は次男が晴れやかな気持ちで式を迎えられること」と割り切ってきただけに、私もダンナもやっと本番きたーって感じでした(苦笑)。

雨予報でしたが、幸いパラパラ程度。何故か外でインタビュー?を受ける次男・・・後で聞くと、全家族で雇ったカメラマン以外に、ビデオを撮りたい家族が別途ビデオカメラマンを雇い、そのビデオのための1人1人の自己紹介?だったらしいです・・・この辺りの裏話?は、また別途書きます(個人それぞれとはいえ、すごいなーって思うことがいろいろ💦)

小さな教会は外にもあふれるほどの参列者の中、主役の子たちが2列に並んで入場~手に持ったカラーの花言葉は「清浄」で、まさにこの式にピッタリ・・・祭壇前まで来ると、準備されていた花瓶に入れて、自分の席に着きます。

洗礼も初聖体拝領式も、結婚式もお葬式も、基本は通常のミサと同じ流れでのため、聖書の朗読や歌などがあります。そして、式を授かる子供たちの親の席はキープされているけれど、参列したい人は誰でも参列できるのです・・・なので、ただでさえ子供たちの家族や招待客でいっぱいなのに、座り切れないほど人であふれかえっているって訳。

普通のミサの延長とはいえ、式のクライマックスは子供たちが主役。キリストの体であるパン(クラッカーのようなウェハースのようなもの)を、初めて頂くことができます。長男の時もそうでしたが、カトリック教徒でない私でも、何だかジーンとする瞬間です。子供たちの後は、普通のミサと同様に希望者がパンを頂きに行くのですが、3年前にこの式を終えた長男は、しっかりもらいにいっていました。こうしてカトリック教徒として成長していくのだな・・・

こうして、1時間ほどの式は終了。昔はミサはながーく感じられたけど、流れも分かった今は、なんだかあっという間に過ぎてしまいます。いや、やっぱり次男の頼もしい姿を見て、感動したからかな?

式の後は、写真撮影の後、ランチ会へ続きます。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. 久しぶりのアレッツォは・・・やっぱり素敵な町でした!

  2. 外国に住むハーフの子供に、いつまで日本語の勉強を続けさせるか?

  3. 写真展「トスカーナ、私が恋した小さな村」開催中です!

  4. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  5. 「ピッツェリア」って何か分かりますか?

  6. 日伊バイリンガル息子たちの、興味深いイタリア語→日本語変換例

Copyrighted Image