日本帰省時に落ちつくおかずは、やっぱり「たいたん」

日本を代表する和食と言えば・・・やはり、寿司?天ぷら?それともすき焼き!?・・・それももちろん、日本で食べたいリストに入ってくるものなのですが、年齢のせいなのか?日本帰省でしみじみ美味しいなぁ~と思うのは、日常的に昔から食べてるもの、そう、「たいたん」です。たいたん、は関西弁?標準語で言うと、「煮物」でしょうか?

TOP写真のこの日の夕飯は、左上から時計回りに

  1. 牛バラ肉とゴボウの甘辛でたいたん
  2. 菜っぱと油揚げのたいたん
  3. 豚バラと人参・ナス・ピーマンの味噌でたいたん

1.はイタリアには牛バラとゴボウがないのでX、2.は油揚げがないからX、3は豚バラはなくても脂身のある豚肉をスライスすればできるかな?ない材料がありつつも、組み合わせを変えて味付けだけ真似するのはアリ!日本在住中は当たり前のように食べていたこれらのメニューが一番恋しくなるなんて・・・しっかりインプットして、イタリアでまた再現したいと思います。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアン姑と上手に付き合う方法(私の場合)。

  2. イタリアらしい?バジルエッセンス入りボディーシャンプーってどんな感じ?

  3. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  4. イタリアにもある「夏休み課題図書」、中学生ならどんな本?

  5. 意外と知らない、化粧品の使用期限は?

  6. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

Copyrighted Image