P1000193

 

私が大好きなボルゴ(小さな村)ベスト3に入るロッカ・ドルチャ。 ばーちゃんの村 へ行く時に必ず通るのですが、本当に小さな村で、村の名前になっている要塞と、今回ご紹介するB&B以外は何もないんですが、とても可愛らしい村です。

村の外にある駐車場に車を停めて、えっちらおっちら坂道を登り、アーチを抜けると、村の中心にある井戸のある広場に出ます。特に目立った看板などもないですが、ここにB&Bがあります(通常住民以外は入れませんが、このB&Bに宿泊される方は、許可証を発行してもらってB&Bの前に駐車できますのでご安心を)

建物の1階はレストラン、B&Bは3部屋で建物の上階にあります。オーナーのマルタの案内でまず、外部階段を上ったところにある1部屋で、ちょうどレストランの真上にあたる部屋です。

cbcamera-1
カントリー風なんだけど、どこか上品な部屋のインテリア。この部屋は、広場が正面にどどんと見えます。

P1000234
いったん外に出て、今度は広場から見ると向かって右の階段へ。足のついた鉢植えが迎えてくれます(笑)。ここを上ると1本上の道に出て、左の建物にもう2部屋。この道が お客様の駐車スペース となっています。

sP1000218ドアを入ると左右に部屋があり、まずは左側の部屋から。

 

ここが一番小さい部屋なのですが、何故か? 一番人気 があるそうです。

cbcamera-2

インテリアも3部屋の中では一番愛らしい感じ。以前、 画家の日本人女性が1ヶ月滞在 したこともあるそうで、この窓からチラッと見える風景がアーティスト心をくすぐるのかも。

cbcamera-3

もう1つの部屋は、一番落ち着いた感じ。この部屋からは オルチャの雄大な風景 が眺められます!

P1000231
こちらが オーナーのマルタ (実はうちのダンナの幼馴染)と、コックのパートナーさん。マルタは20代から母の後を継いでこのレストランとB&Bのオーナーとなり、今では地元はもちろん、 世界からお客さんがやってくる評判の宿&レストラン となりました。ここを訪れた時の発見・・・イタリア世界遺産好きの方にはおなじみ・ 陣内秀信教授 のオルチャ渓谷でのフィールドワークで拠点でもあるのです!前から“日本の建築家が生徒連れて研究にきている”とはマルタ母から聞いていましたが、まさか陣内先生とは・・・私も本読んでるくらいファンなので、次回は先生のいる時にぜひお邪魔したいです(笑)話がそれましたが、それも全て、マルタの明るく気持ちの良い接客と、心配りの賜物です!

1泊朝食付き90ユーロ、通常冬季は休業。

* 水~金は、 料理教室 も行っています(最低2名~)

* ここまで行ける公共機関はありませんが、 行きやすい最寄の町はシエナ になります。
シエナから車で1時間程度。ハイヤーの手配は こちら 

【フィレンツェ発着・1泊2日オルチャ渓谷周遊+料理教室】
お1人330ユーロ(4名参加の場合)、520ユーロ (2名参加の場合)、
フィレンツェ発着の2日間のハイヤー・日本語通訳付、 B&B1泊、料理レッスン1回(1日目17時~、夕食付)。
1日目朝~16時まで、2日目終日(フィレンツェ着17時頃)は フィレンツェ~オルチャ渓谷の町をご案内 します:例) モンタルチーノ、モンタルチーノのワイナリーサンタンティモ修道院バ―ニョヴィニョ―ニピエンツァ、モンテプルチャ―ノなど、ご希望をお聞きして、コーディネイト致します。
1日目・2日目ランチと、ワイナリーテイスティングや訪問先でかかる入場料などは上記価格に含まれておりません。

 フィレンツェ以外発着、1泊以上、料理教室なしなど、お問い合わせやお申込みは こちら からどうぞ。