カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン「Posto Pubblico」

カスティリオーネ・デッラ・ペスカイアの、旧市街にあるレストラン。近郊の海に滞在中、私の誕生日があったので、このエリアに詳しい友人から教えてもらってディナーに行ってきました。誕生日ディナーということで、「ちょっと特別な日のシックなお店」のリクエストに選んでくれたお店がここ、ポスト・プッブリコ。海沿いや新市街にある賑やかな感じでなく、旧市街に3つしかないレストランのうちの1つ。門を抜けてすぐ前にあるお店です。

冬はどうなのか分かりませんが、良い季節はお店の斜め前にあるテラスがホール。造り見ると、元民家で(家の部分は現在レストランの倉庫のよう)、玄関前の庭部分を使っています。なので囲いがあり、そこにもクッションをひいてアペリイェィーヴォもしているよう(写真上では、開店前で店のスタッフが休憩しています)

席について飲み物をオーダーすると、パリパリチップスのカナッペの突き出しと、ハーブ色バターのついた古代小麦のパンが運ばれてきました。このバターがとっても美味しくて、あっという間になくなる(苦笑)。

まずは前菜、マリネした牛肉に生エビ、と初めてのコンビネーション。エビも甘くて美味しかったですが 、牛肉のマリネが特に美味しかったです。

私はプロモはパスして、「タコのグリルとズッキーニのガスパチョ、フレッシュチーズ添え」。ガスパチョはスープとして小鉢かなんかで添えてあるのかと思いきや、単なるソース扱いでした。タコのグリルは柔らかくて美味しかったけど、ソースはあっさりしすぎててタコにつけるとソースの味がよく分からない💦

逆にダンナは、メインなしでパスタをオーダー。魚系が具のラビオリですが、トッピングは何と海苔!!とからすみ。決して美味しくない訳ではないのですが、やっぱり海苔はパスタと合わないな〜私的には。

美味しくてモリモリ食べたのは、畑のサラダ。複数の葉物に、ビネガーの効いた玉ねぎがトッピングされていて、それと葉物の味がうまく交わり、オリーブオイルをかけるだけで十分に美味しい!

誕生日ディナーなので、やっぱりデザートは欠かせない・・・ということで、私はゴージャスに?チョコレートムースを。甘すぎず、結構ボリュームあって満足!

給士係の男性女性ともシュッとしてて、とても丁寧な対応、ソムリエさんもいるし、何より雰囲気は最高!ただ、普段では来ないなーっていうフュ―ジョン系のお料理=素材はとても良いものを使っている&凝っているのは分かるけど、お値段はうちの外食値段としてはかなりオーバーで腹7分目くらい(ちなみに、大人2人・子供1人で、半リットルのハウスワイン、水、前菜1、プリモ1、セコンド2、付け合わせ1、デザート2、カッフェ2で120ユーロ)。ただし!旅行者の方や、今回の私のように特別な日のディナーには良いと思います!人気店なので、予約必須です。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Posto Pubblico
Via Amore 1, Castiglione della Pescaia
+39-347-8673060

毎日営業、19:00-23:00

カスティリオーネ・デッラ・ペスカイアへの行き方はこちら、旧市街の門を入ってすぐです。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. タラモーネ城壁裏のシーフードレストラン「La Buca」

  2. 優雅に食事を楽しめる、サンセポルクロのレストラン・ AL COCCIO

  3. アンギアーリの新門前のレストラン、Da Alighiero

  4. フィレンツェ郊外アウトレットで食べる「東南アジアの屋台の味」、W.O.K.!

  5. モンテ・アルジェンタリオのシックな港町、ポルト・サント・ステーファノ

  6. パドヴァ現地人おススメのオステリア(アペリだけもOK!)「l’Anfora」

  1. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  2. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  3. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  4. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセット…

    2019.10.15

  5. 足して2で割ってほしい、息子たちの友達付き合い

    2019.10.14

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image