近代彫刻巨匠の作品が無料で見られる!フィレンツェ「マリーノ・マリーニ美術館」

芸術の町・フィレンツェに数カ所ある「無料で見られるミュージアム」の1つ、マリーノ・マリーニ美術館。マリーノ・マリーニはイタリアを近代彫刻家で、1901年にフィレンツェ西の中規模な町・ピストイアに生まれます。ピストイアにも美術館や財団がありますが、彼の死後、「マリーノが特に愛した町」であるフィレンツェに200近い作品が寄贈され、この美術館に展示・保存されることになりました。しかし、美術館の建物は教会?そう、かつては1100年代に建設されたサン・パンクラ―ツィオ教会で、ナポレオンの侵略の後は軍隊や工場の施設となり、1980年代にミュージアムとなるべく改装されたものなんです。

中に入ると、明るい空間が奥に広がります。現在は後陣は取り払われ、その部分が大きなガラス窓に。1階は主に、マリーノの作品でも中心的なものだった、ブロンズの大きめの作品が並んでいます。元々3身廊の教会なので脇の身廊や翼廊にも展示があり、1階だけでも結構見ごたえのある作品数ですが、展示はなんと3フロアにも!

脇の身廊から階段を上ると、こんな風に身廊の壁にあった柱、そしてアーチなども残っており、かつての教会だった頃の姿がしのばれますね。改築された部分は、マリーノの作品と調和するようなシンプルながらモダンな作りで、建築的な面からも面白いミュージアムです。

3階まで来ると、祭壇上の円天井に描かれたフレスコ画も近くに見えますよ。

マリーノのイメージはやはり彫刻なのですが、ここではたくさんの絵画も展示されています。絵画と言うよりも、彫刻を制作するための下絵?これは1つ上の写真の彫刻と同じようにも見えますし、

1階にあるこちらは対になって展示されているので、やはり彫刻用の下書きだったのでしょう。

モノクロの絵だけでなく、こんなカラーの人物画もありました。彫刻と絵画、と分野は違えど、細かい部分まで敢えて表現をしないところは、マリーノの作風ですね。サイトを見ると、これは1920年代の作品で、年を追うごとに抽象的で形をはっきり描かないように、晩年はモノクロや青単色になっていったり、アーチストとしての発展過程が面白いです。

フィレンツェにはたくさんの美術館や教会がありますが、近代美術は少ないですし、こんなユニークで才能にあふれた芸術家の作品が無料で見られるのですから、これは行かない訳にはいきません。駅やレプッブリカ広場からも近く、他の美術館が閉館が多い月曜日に開いているのも魅力的。マリーノの世界に、どっぷり浸ってみて下さい。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Museo Marino Marini

Piazza di S. Pancrazio, Firenze
Tel : +39-

土日月のみ、10:00‐19:00
その他の日はリクエストにて開館可能
常設展は無料、特別展示やルチェッライ礼拝堂は6ユーロ

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ロマネスク様式のファサートのない教会、ソヴァーナのドゥオモ

  2. フィレンツェ北部「スカルペリーア」、ナイフとモータースポーツで有名な「イタリアの美しい村」

  3. 天才・レオナルドが生まれ育った小さな村、ヴィンチ

  4. 平日ランチセットが10ユーロ!フィレンツェのオステリア「Osteria dei Centopoveri」

  5. 聖フランチェスコゆかりの聖域、ラ・ヴェルナ

  6. 2019年12月15日まで!フィレンツェSMN教会での「レオナルドと植物学展」

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image