アクセス簡単!ボッカチオの故郷、チェルタルド

シエナ県との県境のフィレンツェ県の小さな村・ チェルタルド 。厳密にいうとチェルタルド・アルト(=高い)、丘の上にある旧市街です。小さな村は車でないと行きにくい所も多いですが、ここはフィレンツェやシエナから電車で1本(フィレンツェからはエンポリ乗り換えの場合があります)で、そこから旧市街もすぐ、と大変行きやすいので、大きな観光地以外を初めて訪問される方にもおススメです。

こちらが町で見つけたマップ、左の緑〇が駅で、駅前を直進して右側に見えるのがボッカッチオ広場。そう、「デカメロン」のボッカッチオはチェルタルドの出身なんです。そしてその広場の斜め前の緑〇が 旧市街と新市街をつなぐケーブルカー乗り場です。車で行かれる方は、このボッカチオ広場に止めても良いですし、旧市街横(地図の右上の赤□Pマーク)にも駐車場があります。

こちらがケーブルカー乗り場、15分おきに出発。下からも降り場が見えるくらい近く、健脚派の方は歩いても行けます!下の乗り場にしかチケット売り場はないので、上りだけ、あるいは往復を選んで購入してください。

これはほぼ到着間際の写真、ほんと近くて乗車時間はたった1分ですが、新市街とその後ろに広がる緑のパノラマを堪能してください。上りはケーブルカー使っても、下りは徒歩でも良いですね。

旧市街はほんっとに小さいですが、清潔で絵になる一角があちこちに。葉が茂る建物はよくサイトや絵葉書でも見るホテル&レストラン、その前がメインストリートで、道半ばに ボッカッチオの家 (塔に上ることもできます)、一番奥がこちらもお馴染みのプレトーリオ宮です。

プレトーリオ宮 は元々1200年代のものですが、現存は400年代に修復されたもの。当初はアルベルティ伯爵の館として、のちにフィレンツェの執政長官の館となり、長官の紋章が残っています。このボッカッチオの家、プレトーリオ宮、そしてその2つの間にあるアゴスティアーニ教会は1枚の共通券で入ることができます。

あちらこちらに花もたくさん植えられて、歩いて写真を撮ったり、お茶するだけでも楽しい小さな小さな旧市街。小さい中にもレストランが5軒ほど。私たちは庶民的なオステリアに入ったのですが、プレトーリオ宮の右隣はミシュランマーク付きのレストランもありました。そんな小さな村が一年で一番盛り上がるのは、7月半ばに行われるメルカンティア=国際ストリートショーフェスティバル!残念ながら私は毎年日本帰省中で行けないのですが、友人の中でも毎年行くファンが何人もいるほどです。

上記に書いたように公共機関で簡単に行けるので、「小さな村」訪問が初めての方も安心して行きやすい。そして、小さな村の魅力を存分に感じさせてくれる村だと思います!

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
ProLoco Celtardo

【行き方】
フィレンツェ⇔シエナの鉄道路線 にあり、フィレンツェからは直通電車またはエンポリ乗り換えで約1時間、シエナからは直通電車で約40分なので、この2都市間の移動中に寄るのもいいですね。また、エンポリ駅下車でバスに乗り替え、ヴィンチにも行けるので、この2か所訪問= ルネサンスの文学家と芸術家のゆかりの地を訪ねる旅も。電車の乗り方については こちらをご覧ください。

サンジミニャーノから近く直通バス(所要時間20分)も走っていますが本数は少ないです。時刻表:サンジミニャーノ→チェルタルド 、チェルタルド→サンジミニャーノ。バスの乗り方については こちら をご覧ください。

関連記事

  1. 断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

  2. オルチャ渓谷の高みにぽっかり浮かぶ村、ラディコーファニ

  3. 世界遺産・オルチャ渓谷を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

  4. フィレンツェのパニーノ屋「Da’ Vinattieri」で、ランプレドットもパニーノも同時に楽しむ!

  5. パンツァーノ・イン・キアンティ、隠れ家のようなB&Bと料理教室

  6. コスパ満点のがっつりシーフード!レッジェッロの Ristorante Masaccio

Copyrighted Image