IMG_0098-1

 

要塞フェチな私がおススメする要塞第2弾は、 モンタルチーノ に続くオルチャ渓谷のココ、 ロッカ・ドルチャの要塞 です。オルチャ渓谷の町では、「○○・ドルチャ」=オルチャの○○、という名前が多いですが、 ロッカ=要塞 、つまり オ ルチャ渓谷の要塞と町の名前になる ほど、雄大なオルチャ渓谷のパノラマの中でなかなか目立つ存在です(写真は ばーちゃん村 から道中ですが、真ん中やや右にぽっこり浮かんでいます)

 

IMG_0115-1

 

 

初めて訪れたのは2005年頃、ばーちゃん村に行くのに通るにも関わらず、ハイシーズン以外は常時開いていないので再訪できたのは10年後の2015年。クリスマス休暇時のオープンで、事前に調べて満を持して?の再訪です。

ふもとの駐車場から見上げる要塞。糸杉がその存在感を高めてくれるよう!

IMG_0122-1

 

 

 

 

 

IMG_0120-1

 

 

 

 

要塞に上るには、まずは入り口の階段を上って・・・ここからでもすでに絶景が見られますが、これはまだまだ狭い範囲のパノラマ。

階段を上り終えると、チケット販売の小屋と、こんな広場があります。この広場からでもかなりの絶景が味わえますが、せっかくだから要塞にも上ってみましょう!

IMG_0136-1

 

 

写真の町は、 カスティリオーネ・ドルチャ 。ばーちゃん村もロッカも、この市の分離集落になります。カスティリオーネにも要塞はありますが、写真にもクレーンが見えるように何年も修復中のまま。ロッカの要塞は12世紀に建てられ、有力貴族やシエナ共和国の所有を経て1500年代には放置されますが、中世・ルネサンス期の数々の戦争でも 一度も攻略されたことがない そうです。1970年代に最後の所有者から国に寄付され、修復を経て一般公開されています。

 

さて、要塞の中に入ります!

s-site-rocca-1

1階部分は、かつて奴隷や駐屯隊の人々が生活していた場所だそうです。2階は特に何もなく、要塞の上に出る階段があるのみ。特に最後は急斜面になりますんで、手すりを持って、最後は頭上に気を付けながらゆっくり上がって下さいね。

そこで待っているのは・・・s-IMG_0169

 

IMG_0185
世界遺産の絶景が360度!!

要塞の下にあるのが ロッカの村 、その右前にあるのが バーニョヴィニョーニ 、その丘の向こう側にあるのが サン・クイーリコ・ドルチャ 、広大なオルチャ渓谷のかなりの部分が見渡せます。ズーム撮影すると、はがきや写真集で使用される糸杉並木があっちこちに見られますよ~私の安いコンデジでもこれだけ鮮明に撮れるので、良いカメラだともっと素敵な写真が撮れるはず!

その後、私たちは徒歩でロッカの村へ散歩に行きました。一番最初の入り口前の階段を降りたら、右(駐車場と反対側)の遊歩道からロッカの村の上の部分に出られます。

 

s-site-rocca-2

村はホントに小さく迷うことはありません!特に大きな見どころは村の中にはありませんが、ちょっと前までは マルタのB&B しかなかったのに、今はミシュランガイドに掲載された新しいレストランや雑貨屋さんもできていました。 オルチャ渓谷が2004年に世界遺産 になってからだんだんと観光客が増え、ロッカでさえも新しいお店ができるなんて!嬉しいような、ちょっと寂しいような(苦笑)。
その後は、一番下の門から出て車道を歩き、元の駐車場まで戻りました。ちなみにこの駐車場にあるバールの奥様は日本人だそうです!(知らんおっちゃんに、「アンタが奥さんかー!?」と声をかけられました)

オルチャ渓谷に車(レンタカー、 ハイヤー )でいらっしゃる方はロッカの村へ、そして要塞からこの絶景を堪能して下さいね。

IMG_0157

 

要塞内にあった写真、雪化粧も素敵!

2016年6月~夏は毎日10.30  – 13.30 と 14.30 – 18.30 開いています。オープン予定などの情報は こちらのFBページ をチェックしてください。チケットは カスティリオーネ・ドルチャのサンテ・ジョヴァンニアートホール と共通チケットです。

チケットは大人3ユーロ、7才~12才の子供は1.5ユーロです(6才以下は無料)。

車で行く場合は、ロッカの村からではなく(ロッカの村内は通行証のない車は侵入禁止で村の下の駐車場に駐車)隣のカスティリオーネ・ドルチャを目指してください。カスティリオーネのロッカ側の端に、  「Rocca di Tentennano(テンテンナーノ要塞、要塞の正式名称)」 の看板が見えますので、そこを曲がると要塞の下まで行けます。