オルチャ渓谷の小さな村・ ヴィーヴォ・ドルチャ が一番賑やかになるのが、秋の “栗とキノコの祭り”通常 10月の第二・三週末 に行われます。トスカーナ南部で行われる春と秋のイベントに合わせて運行される蒸気機関車・ TRENO NATURA のプログラムにも入っており、地元民はもちろん、フィレンツェやローマから、近年は外国人観光客もちらほら見かけるようになりました。

sagra vivo-1アミアータ山の中腹にある村から入る森では、栗とキノコがたくさん収穫され(年によってバラつきはありますが)祭りの日には町の広場にて 栗・キノコや地元の特産物が買える屋台 や、 屋外食堂がオープン し、 栗とキノコづくしのメニュー が味わえます(予約なしでは席がないほどの人気です)。

sP1090508

こんな立派な生のポルチーニは、町のスーパーや八百屋ではなかなか見られません!ただ、お値段はかなり高級・・・昔はうちのばーちゃんが名人で普通にポルチーニの傘のグリルやフライを食べてましたが、それは本当に贅沢なことだったんですね(今は高齢で1人で森に行かせられない、でも秘密の場所を教えたくないので1人でしか行きなくない・苦笑)観光でいらっしゃる方は食堂でポルチーニメニューを堪能するか、乾燥ものをお土産にするといいと思います。

CIMG1840

 

 

祭りの最終日・10月第三日曜のみ、住民による “木こりのパリオ” が行われます。パリオ=優勝旗のことですが、イタリア各地で行われる町の地区対抗競技自体を指して使われることが多いです(有名なのは シエナの競馬のパリオ ですね)Vivo極小の村なので、地区は2つ、ばーちゃん家がある赤の “Pian delle Mura” と、黄色の “Caselle” 。

パリオが始まる17時の前になると、広場で入場準備を始めるオーケストラや選手たちが集まってきます。そうなってくると、会場に移動して場所とりをしないといけない時間! 会場は古の教会の前 なので、皆ぞろぞろと広場から徒歩で教会へ下っていきます。

sagra vivo-4

石橋を渡ると右側にチェルビーニ家の門、年のよっては一般人も通行可能ですが、基本的にパリオ参加者のみなので入れません。一般人は正面の石の門から更に下って教会まで・・・地区の旗が高々と掲げられています。しばらくすると、ブラスバンドの音が聞こえ、ブラスバンド入場後に選手の入場!沸き立つ観衆!

sagra vivo-5

地区のノコギリを掲げて、士気を鼓舞するリーダー。

sagra vivo-7

sagra vivo-6

私が見てきた十数年の間、何回かルールの改正がありましたが、現在のレース内容は*第一レース:太い丸太を5cmに5枚切る*第二レース:細い丸太を40cmに5本切る。それぞれのレースで早かった方に有利なポイントが与えられます。しかし、早いだけではなく正確さも重要!第一レースは±2cmまで、第二レース板は±3cmまで、それ以上誤差あったらマイナスポイントがつけられ、 タイムと正確さでの合計ポイントで勝負が決定 します。

 

sagra vivo-8

過去の戦績は、8割ちかく赤の “Pian delle Mura” が勝利していますが、私たちが応援に行けなかった2014年は負けてしまいました。来年はどうなるでしょうか~?

2016年の第二レースの動画はこちら

地元民が楽しむパリオですが、田舎ならではのこんなお祭りを体験・観戦に来てくれる方をお待ちしています!住民にまぎれてエキサイトしてください(笑)

*注:TRENO NATURAのプログラムは例年第二日曜で組まれているので、その場合はパリオはありません(通常第三日曜に開催)。