fernando-1

 

鶏のマークでおなじみの赤ワイン・キアンティクラッシコ を製造するカンティーナは数多くありますが、ここはキアンティの中心地・  グレーヴェ・イン・キアンティ を見下ろす丘の上にあるカンティーナです。この村は イタリアの美しい村にも選定 されており、小さな村好きの私の個人的ランキングでは現在NO.1の村でもあります(また小さな村のカテゴリーでご紹介しますね)。そんな村のちょっとはずれにあるカンティーナから見える景色がこちら。良い季節であれば、 外でテイスティング ができるので、絶景を見ながら至福の時を過ごせること間違いなしです!この左の写真は春(6月)撮影ですが、

fernando-2上の写真、左は夏(8月)撮影、右は秋(10月)撮影。天気にもよりますが、季節ごとに変わるパノラマ、ぶどう畑、町の色も毎回訪れる時の楽しみです。秋のぶどう畑に1列だけ 紅葉しているのはコロリーノ というブドウの品種で、ワインの色をつけるブドウだそうです。こんなお話もたっぷりしてくれるのは、このワイン農家のお父さん・フェルナンドさんと現在、創業者のおじいさんの跡を継いだ娘さんのアレッシア。

fernando-3

ここはいつでも 2人から訪問可能で他のお客様と混ざることはありません ので、どこかのお宅に訪問しておしゃべりをしているよう。ゆったりとした口調のフェルナンドはワインの説明を分かりやすく、そしてどんな質問にも優しく答えてくれます。アレッシアも同じですが、今まさに経営を任されている、そんな情熱が感じられます。どちらにも共通してるのは、 生まれ育ったこの地を愛し、ワインを愛している こと。

ワインのテイスティングには、 サラミやブルスケッタなどのおつまみ も付きます(時期により何が出てくるかはお楽しみ)。夏のこの日のメニューはメロン・生ハム&イチジク・サラミと自家製オイルとトマト・バジリコ・モッツァレッラのブルスケッタ。

fernando-4

ワインの年代ごとテイスティングはもちろん説明付で、お客様からの“キアンティクラッシコの葡萄の品種とその割合は?”、“リセルヴァの違いは?”といった基本的な質問から、“イタリアワインとフランスワインの違いは?”、“イタリア人男性が平均的に飲むワインの量は?”といった質問にもお答え+いろいろなお話がでてきていつも盛り上がります。それだけでは終わらず(この段階でお腹いっぱい!)、更にIGTワイン1種に ヴィンサント 。

もちろん、実際に作っている場所を案内しながらワインの作り方を説明してくれます。

fernando-5

 

こちらはヴィンサント用の白ブドウが干された一室。扉を開けると、むぁ~~ブドウの芳香な香りでムンムンです。

 


fernando-6

 

樽で発酵させる部屋は半地下・・しかし、カンティーナは正直・・・ち、ちっちゃい!それもそのはず、ここのカンティーナの 生産本数はたった1万本 。とはいえ、1万本、それに比べてもにたったこれだけの樽?と思いましたが、この 1樽でワイン300本 だとか。ここのワインは一般的には流通しておらず、このようなテイスティングに来られた方がその時に購入されるか、その後、メールで注文したりする分だけでほとんど売り切れてしまいます。そんな“世界中のファン”から寄せられるメールと写真が、フェルナンドさんの誇りだそうです。

fernando-7

 

テイスティングと見学が終わったら、その場で、あるいは村の中にある直営ショップでお買物もできます。最低3本から3本単位で、お好きな種類・年代のワインと、オリーブオイルも組み合わせられ、11月頃の新オイルができてからの発送も可能。

この村は本当に小さいですが、童話にでてきそうな可愛い村。フェルナンドさん一家のワインを味わいに、ぜひこの村にお越しください。

 

 

【フィレンツェ発着テイスティング・カンティーナ訪問】
お1人130ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド、おつまみ付ワインテイスティング、ぶどう畑・カンティーナの見学、その後、ここの村やグレーヴェの町の散策を含む約8時間です。グレーヴェバス停からカンティーナまではオーナー一家が車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。基本的にフィレンツェ9:30発のバスで行き、グレーヴェ発16:30のバスで帰ってくる行程になります。プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、 この村での宿泊 、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、 お問い合わせ 下さい。

【フィレンツェ発着1泊2日・ ワイナリーテイスティング・カンティーナ訪問料理教室
 お1人340ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド(1日目ワイナリー+アパートチェックインまで)、ワインテイスティング、ぶどう畑・ワイナリーの見学、1泊アパート代、1日目夕食と2日目朝食、料理教室1回(ランチ付)が含まれています。グレーヴェバス停からワイナリー間はワイナリー&アパートオーナーが車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。 プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、 お問い合わせ 下さい。