【我が家の食卓】基本中の基本!ミートソース

以前にカルボナーラはイタリア全土で食べられるわけではない、と書きましたが、おそらくどこでも食べられるのがこのミートソースとトマトソースではないでしょうか?ミートソースはイタリア語で「Sugo di carne(あるいはSugoのみ)」 。または「Ragu」 ラグーは最近日本でも使ってるみたいですね。有名なのはボロニェーゼ(ボローニャ風)ですが、まぁ他のどんな料理も同じように家庭ごと、店ごとにレシピも違うと思います。私のは、マンマのと、料理の師匠!ダンナの元勤め先のシェフのレシピの融合して、今のレシピに落ち着きました。

材料(おおよそ10人分、小分けして冷凍します)

◎玉ねぎ・2個 ◎にんじん・2~3本 ◎セロリ・2~3本 ◎合挽肉・500g ◎赤ワイン200ml ◎トマトピューレ500ml ◎オリーブオイル、塩、イタリアンパセリ・適量

作り方

1)野菜をみじん切りにして、たっぷりのオリーブオイルで炒める

2)野菜がじっくり炒められたら、ひき肉を入れ、よく混ぜて炒める

3)ひき肉の色が変わったら、赤ワイン投入、赤ワインが減ってきたら、トマトピューレと水(200mlくらい?)投入 し、ぐつぐつ中火で煮る・・・時々混ぜて、だいたい30分くらい?

4)最後に塩とイタリアンパセリのみじん切りを入れ、味を整える

みじん切りしたきのこや野菜の余ったの(キャベツやブロッコリ)を入れてもOK、野菜食べない子供たちの野菜補給にももってこい!またサルシッチャをほぐして入れると、味わい濃いソースに仕上がります。パスタだけでなく、ポレンタやクロスティーニにも使えるのでたくさん作って小分けして、うちは常時冷凍ストック・・・いざ!という時とても便利ですよ!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. 連載の翻訳が11年目を迎えました~時計Begin春号発売!

  2. 思い立ったらすぐに行動!が正しい理由

  3. 物欲ゼロだけど、「いつでも旅立ちたい」のが私です

  4. 海外の固定/携帯電話に安くかける方法

  5. 今でも鮮明に思い出す、留学直後に慣れずに困ったことは?

  6. 無料サービスを受ける基準と気を付けたいこと

  1. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  2. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  3. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  4. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  5. 3か月1週間ぶりの学校再開\(^o^)/・・・と思ったら(ガックシ)

    2018.09.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image