やっぱり言葉がしゃべれたら・・・と思うとき

リヨンで友人の家に泊まり、式の前から彼の友人や家族とも会ったり、ご飯を一緒に食べたりしたけど、意外な事だったのは、ほぼ100%の人が英語もしゃべれること!(フランス人=フランス語だけ、のイメージがこの旅で覆されました💦)友人と日本から来た別の彼女の友人、共に英語も堪能なため、皆の共通言語は英語に・・・や、ヤバい私。聞くのはだいたい分かったし、友人がフォローしてくれたけど、話す方は、かなりたどたどしく、しまいにはイタリア語が出てくるし。

それでも、式はフランス語で似ている単語も出てくるしイタリアの市役所式と同じ流れなので、だいたいついていけた。パーティーでも、英語が分からなかったらイタリア語の単語言ってみたら、フランス語と同じだったり、スペイン語分かる人が分かってくれたり、フランス語、英語、日本語、イタリア語、スペイン語が入り混じり、なんか、すんごいインターナショナルな空間になってました。しかし、やっぱり英語しゃべれたら全然違うな~、そして、久々にフランス語のシャワーを浴びて、なんかフランス語やりたくなった・・・実は大学時代の第二外国語はフランス語。大学4年にパリに行った時は、簡単なフランス語を使って旅できたのに、今はゼロ!!これもすでに長男に追い抜かれました💦

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. おらが村の絵付け工房より、日本へオリジナル作品をお届けします!

  2. 低予算で行ける、北摂から近い子連れスポット7選!

  3. 親もスキーを楽しむためには

  4. おらが村の「観光プロモーション会議」に召喚されました

  5. リアルで会う事、リアルで伝える事の重要さ、そして楽しさ!

  6. イタリア北部・アルトアディジェの雪山にて、2018年を振り返る

Copyrighted Image