【我が家の食卓】ゴルゴンゾーラのオルゾット&トマトソースのリゾット

リゾットは日本でもお馴染みですが、我が家の近年のお気に入りはオルゾット。オルゾ=大麦のリゾットバージョンで、2年前にフリウリで食べてからのお気に入りなんです。オルゾットで、我が家で一番合わせるのが多いのがゴルゴンゾーラチーズ。 こんな感じでスライスで200gくらい、スーパーで2ユーロ前後で売っています。

息子たちはゴルゴンゾーラチーズは嫌いなので、彼らにはエビのトマトソースのリゾットを。作り方も基本的に同じなので、Wでレシピ公開しちゃいます。リゾット難しいと思ってる方が結構いるんですが、私流はとても簡単!ぜひお試しを★

材料(2人分)

【ゴルゴンゾーラのオルゾット】
◎大麦・180g ◎ゴルゴンゾーラチーズ・100g ◎ポロネギ・オリーブオイル・適量 ◎ブロード(コンソメキューブ1個に対し1リットル程度)適量 ◎お好みでクルミやサラミをトッピングに

【エビのトマトソースリゾット】
◎お米・180g ◎エビ・10尾、トマトピューレ200ml ◎ポロネギ・オリーブオイル・白ワイン・イタリアンパセリ・適量 ◎ブロード(コンソメキューブ1個に対し1リットル程度)適量

作り方

1)大きな鍋でお湯を沸かし、 コンソメキューブを溶かしてブロードを作っておく

2)ポロネギ(玉ねぎでも可)を粗みじん切りにして、オリーブオイルで炒める

3)2)のポロネギを2等分して別のフライパンに半分入れ、、その片方にエビを入れて炒め、白ワインでフランベする

4)2)3)それぞれのフライパンに大麦、お米を入れて炒める

5)4)のそれぞれにブロードを少しづつ入れて混ぜながら煮る(結構タプタプに入れても大丈夫ですが、あまり放置しておくと焦げ付くので、時々かき回すのを忘れずに)

6)5)の半分くらい煮込んだあたりで、エビの方にトマトピューレを、大麦の方にゴルゴンゾーラを入れて、よく混ぜる(チーズが溶けるように)

7)6)にブロードを追加しながら更に煮込み、大麦・お米がほど良い固さになったらできあがり~オルゾットの方にはお好みでトッピングを。 

関連記事

  1. 郷土色豊か!イタリアのパスタマップ

  2. おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

  3. 【我が家の食卓】ビールがすすむ♪イタリアならではのフリット2種

  4. イタリアに来てから得意になったこと

  5. トスカーナで一番大きい空港は、ピサ!

  6. イタリア人でもイタリア語で何と呼ぶか分からないモノ

  1. 簡単!いろんな効果!良いことづくしの「自家製フレッシュハーブテ…

    2019.10.20

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Via Posta Rossa ポルタ・ロッサ通り

    2019.10.19

  3. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  4. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  5. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image