イタリア帰国前カウントダウン、毎年ゆらゆらと渦巻く気持ちは・・・

寂しいような、嬉しいような。1か月半は長いようで、短いようで。毎年毎年、イタリアへ帰国の日が近づくと、ちょっと複雑です。

マイホームはもはやトスカーナのド田舎の、あの家。ちょっと懐かしい。

でも家族との別れや、次来るのが11か月後だと思うと、ちょっと寂しい。

でも夏休みで息子たちもずっと家にいてしかも1か月半ほとんどサボっていた家事を再開するかと思うと、ちょっと辛い(爆)

でもやっぱりダンナにも、向こうの友人にも会いたくなってきたしなぁ。

こんな気持ちを抱えながら、明日は息子たちの終業式。帰国まで、あと6日です。

 

関連記事

  1. イタリアのコラボ相手に求める、一番重要な事

  2. 次男と2人、夜のピティリアーノデート

  3. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

  4. 自然は美しく美味しいもので溢れている~おらが村の野草講座でがっつり学んできました

  5. イタリアと日本、電車だけでこんなに違う!

  6. イタリアの伝統、おばあちゃんの「パスタ・フレスカ」を受け継いで

  1. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  2. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  3. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  4. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセット…

    2019.10.15

  5. 足して2で割ってほしい、息子たちの友達付き合い

    2019.10.14

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image