イタリア帰国前カウントダウン、毎年ゆらゆらと渦巻く気持ちは・・・

寂しいような、嬉しいような。1か月半は長いようで、短いようで。毎年毎年、イタリアへ帰国の日が近づくと、ちょっと複雑です。

マイホームはもはやトスカーナのド田舎の、あの家。ちょっと懐かしい。

でも家族との別れや、次来るのが11か月後だと思うと、ちょっと寂しい。

でも夏休みで息子たちもずっと家にいてしかも1か月半ほとんどサボっていた家事を再開するかと思うと、ちょっと辛い(爆)

でもやっぱりダンナにも、向こうの友人にも会いたくなってきたしなぁ。

こんな気持ちを抱えながら、明日は息子たちの終業式。帰国まで、あと6日です。

 

関連記事

  1. 甥っ子ってなんでこんなに可愛いの?~2018年のイースター

  2. 「2ユーロ詐欺」に気を付けよう

  3. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  4. イギリス紙「Times 日曜版」に物申す ~ 旅の美しい思い出は、忘れさせられるもんではない

  5. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

  6. ギリシャ・ロードス島・リンドス、ロバに揺られてアクロポリスへ行く!

  1. 我が家にヴァレンタイン・デーはございません

    2019.02.15

  2. オルチャ渓谷へはどうやって行く?どう周る?予算・難易度・自由度…

    2019.02.14

  3. 小さな集落の秘伝&限定パスタ「アコーネ風ペンネ」

    2019.02.13

  4. 【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フ…

    2019.02.12

  5. 【我が家の食卓】ボッリート・ミストとサルサ・ヴェルデ(グリーン…

    2019.02.11

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image