【我が家の食卓】ターキーのストラッチェッティ(パン粉焼き)

肉料理に関しては、すごーーーーくウルサイ次男のため、またパサパサしがちなターキーや鶏の胸肉を美味しく食べるためのレシピです♪おかげで次男はモリモリ、これだけはアホほど肉を食べます(笑)

材料(4~5人分)

◎ターキーあるいは鶏の胸肉・500g ◎パン粉、オリーブオイル、塩、イタリアンパセリ・適量

作り方

1)肉を細切りにします

2)肉にまんべんなく塩をまぶし、その後、パン粉とみじん切りしたイタリアンパセリをまんべんなくまぶす

3)たっぷりのオリーブオイルで揚げ焼きにする全部一気に入れて混ぜながら焼くより、 面倒ですが一枚一枚裏返して焼いた方が一枚一枚がカリッとした食感になって美味しいです

ちなみにストラッチェッティというのは、「小さな端切れ」という意味でどんな肉でもどんな調理方法でも、こんな切り方をした料理に使われる名前です。お子さんはもちろん、大人のお酒のアテにも良いですよ♪

 

関連記事

  1. 友人の子供の成長に、ちょっと感涙のクラッシック・コンサート

  2. イタリアから日本に帰省してすぐ、とまどってしまうこと

  3. 第1回近代オリンピック開催!アテネ「パナシナイコ・スタジアム」が意外とめちゃめちゃ面白かった

  4. 「好きこそものの上手なれ」~長男サッカー再開から4か月

  5. シエナ県民の愛するクリスマスのゲーム、「パンフォルテ投げ」

  6. 世界遺産・マントヴァの名産品は「かぼちゃ」

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image