ハグの効用

日本にいると恋人や配偶者、あるいはスポーツの試合など以外では、ハグをするのは日常的ではありません(ですよね?)。家族同士のスキンシップも、子供が小さいうちだけでは?イタリアにいると、挨拶の頬にチュッチュやハグは日常生活にも欠かせません。

私も最初は恥ずかしかったものの、慣れれば平気になり、家族だけでなく、今では自分からも使うことが多くなりました。それはやはり、愛情というか、気持ちが伝わりやすくなると思うから。言葉がなかったとしても、とても落ち着くことができるというか、更に言うと、言葉が見つからない時はハグで気持ちが伝わると感じます。

まさにそれを実感したのがこの火曜日。8月に癌が発覚して闘病をしていた、隣人のご主人であり長男クラスメイトのお父さんでもあるフランコが、日曜の朝に亡くなりました。同年代の家族として私たちが引っ越してきた時から、いろいろ教えてもらったり、庭やテラスでおしゃべりしたり、うちの網戸やストーブの設置もしてくれた、ガテン系は何でもできる、そして本当の人が良くて人望の厚い人でした。

自身もお父さんを14才で失くし、昨年2月にお母さんを癌で失くし、1年もたたないうちに、しかもこんな若さでご主人を失ったエレナ。彼女の性格を考えても、そして私自身もどう声をかけて良いか分からず容体が悪いことが分かった12月から、まともに顔を合わせることがありませんでした。(何より彼女が外出はおろか、庭やテラスにも出てこなかった)

そしてお葬式の朝、出席するはずが次男の発熱でそれさえ行けなくなってしまった。しかし、朝ドアの音がしてエレナがゴミを出しに行くのを窓から見たので帰ってくるタイミングでドアを開けました・・・何を言っていいか分からないまま。それでも私の様子も察してか、いや、きっと彼女も何を言っていいか分からなかったのかただただ黙って数分抱き合いました。彼女は泣いてないのに、私が声を出して泣いてしまい、それ逆やろ!状態。それから何を言ったのか覚えてないけれど、あのハグでお互いの気持ちは伝わったのでは・・・と思います。

そしてこの数日は、滅多に病気しないだけに、いつも以上に甘えん坊の次男。何かにつけて抱っこ、抱っこですが、それもきっと一番の元気になる薬かな。

関連記事

  1. 春の訪れを感じるアグレッティ、今年はパスタ以外にも使ってみた

  2. 縦か?横か?写真撮影で気を付けたいこと

  3. カラブリア ⇔ おらが村、意味不明の3か月往復の旅

  4. イタリアの結婚式の2つのパターン

  5. 私が大きくなったのか?息子が大きくなったのか?

  6. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

Copyrighted Image