郷土色いろいろ!トスカーナのカーニヴァル菓子

息子たちが大きくなったので気に留めてませんでしたが・・・すっかりカーニバルの時期に突入していました。この時期のお菓子っていろいろあるんですが、地方で全然違ったり同じものでも名前だけが違ったりして、すごく面白いんですよ。

これぞフィレンツェのカーニヴァル菓子っていうのが、スキアチャータ・アッラ・フィオレンティーナ=フィレンツェ風スキアチャータ。うちはカーニヴァル関係なしに、オレンジが出てきたら頻繁に作ります。生クリーム挟むむと、もう禁断の域(爆)


そして、フリッテッレ。同じフリッテッレと呼んでも豚の脂が入ってたり(しかもお隣のエミリア・ロマーニャ)、似たような形状=ボール状の揚げたものなのに、具が違ったりとか!ここトスカーナでは、お米が入っています。お米と言っても、レモンの皮のすりおろしと牛乳で煮たもの。これ、重い&甘くなりがちなのですが、美味しいやつはホントにキケンで、ポンポン口に放り込んでしまうのです。先日マンマのレシピで砂糖控えめバージョンで作ったら、美味しすぎて一気になくなってしまいました💦

最後にチェンチ、小麦粉と水をベースとした生地を切って、揚げたもの。これは全く同じものであっても、他州での名前のバリエーションがすごくて笑えます。トスカーナではチェンチ=端切れとか雑巾の意味で、端切れのように形が適当でOKってことだそうです。聞いたことがあるのは、フラッペ(エミリア・ロマーニャ州)、キャッケレ(ロンバルディア州)、ガラーニ(ヴェネト州)など。

これもポテチのようにパクパク食べてしまう危険性あり・・・なんか全てが危険なカーニヴァルのお菓子!!

チェンチについては、近日中にまたレシピをUPしますので、お楽しみに!そしてこの時期にイタリアに来られる方は、スーパーのパン&お菓子カウンターや、パン屋さん、お菓子屋さん、バール(カフェ)などでも売ってますので、ぜひその地のカーニヴァル菓子を食べてみて下さいね。

関連記事

  1. 歴史にハマった高校時代から約30年!由縁の地を訪ねるギリシャ旅

  2. イタリアのアペリティーヴォと言えば、やっぱり「スプリッツ」!

  3. 次男と2人、夜のピティリアーノデート

  4. イタリアの注射器の、もう1つの使い方

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その1・Tecnologia

  6. ヨーロッパいち大きなサボテン

Copyrighted Image