【我が家の食卓】パスタもソースも全て手作り、極上ラザニア!

イタリアンは基本全部美味しいけれど、も~誰もがウハウハ食べちゃう一品は、私的にはラザニア(イタリア語ではラザーニャ、と真ん中で伸びます)。昔、日本在住だけどご主人がイタリア人の友人が「ラザニア作りたいけど、ラザニアのパスタが売ってない」と嘆いていましたが、なければ作ればいいんです。しかもラザニアのパスタなんて一番簡単!だって伸ばすだけですもん。私の家庭料理のモットーは簡単で美味しい、なので、容器の大きさだいたいで伸ばし、ちょっと角まで届いていなくたって、あるいは大きくったって、そんなん無視、無視。そんなもん重ねて行けば全く見えないし味にも変わりないから、適当でいいんですよ(笑)

材料(レンジ対応容器28×18×5cm程度、4~6人前)

【ミートソース】材料&作り方はこちら
【パスタ】小麦粉・150g、セモリナ粉・150g、卵・3個、塩・ひとつまみ
【ベシャメㇽソース】バター・30g、小麦粉・30g、牛乳・300ml、塩・ひとつまみ、ナツメグ適量

作り方

1)まずは時間のかかるミートソースから、こちらをご覧ください

2)ベシャメㇽソース:小鍋で牛乳を温めます。別の小鍋にバターをゆっくり溶かし、溶けたらいったん火を止め、少しづつ小麦粉を入れてダマにならないようによく混ぜます。混ざったら弱火にして、小麦色になるまでよく混ぜなら火を通しルーを作ります。温かい牛乳にナツメグと塩を混ぜ、それをルーの中に少しづつ混ぜながら入れ、クリーミィに良く混ざれば出来上がり。

3)パスタ:台の上に小麦粉・セモリナ粉を混ぜたものを山にし、真ん中に穴をあけて卵と塩を入れます~底に粉が残るように。

最初はフォークで、卵をつぶしながら粉の内壁を崩して混ぜていきます。その後、手でよくこね、丸めて30分ほど上にふきんやボウルをかぶせて寝かせます。上記の大きさの容器なら、7~8枚前後のパスタが必要なので8等分してあとは伸ばすだけ(薄目のパスタが好みの方は10枚、余ったら切ってタリアテッレにしたらOK!)。一方向だけでなく、大きさを見ながら45度づつ回転&表裏をひっくり返しながら伸ばしていくと、均一で大きさも整いやすいパスタになります。

4)ミートソース、ベシャメルソース、パスタができ、粉チーズが用意できたら、あとは重ねるだけ。底にミートソース、その上に適度な間隔でベシャメルソース、粉チーズをふりかけて、パスタを敷きます。これを繰り返し、最後はパスタなしで、ミート&ベシャメル&粉チーズが一番上に来るように。

5)4)を200度のオーブンで約20分焼き、できあがり!もうウハウハ&ホクホクです♥

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

 

関連記事

  1. 「身の丈を知る」、私らしい初めての自家製・クリスマスリース

  2. 「ヴィピテーノ」と聞いて、真っ先に頭に思い浮かぶもの

  3. 簡単!いろんな効果!良いことづくしの「自家製フレッシュハーブティー」

  4. 【日本でのトスカーナイベント】7月3日夜・大阪、7月20日昼・東京でお会いしましょう!

  5. 雨と雲続きの、すっきりしない5月

  6. 大阪府池田市の「真のナポリピッツァ」、Pancia Piena

  1. 簡単!いろんな効果!良いことづくしの「自家製フレッシュハーブテ…

    2019.10.20

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Via Posta Rossa ポルタ・ロッサ通り

    2019.10.19

  3. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  4. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  5. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image