ルッカの伝統菓子「ブッチェッラート」

フェイスブックに流れてきた、この記事。

イタリアは州ごとで文化も方言もさまざま、そして同じ州、同じ県でさえも違うことが多々あり、そういうのが大好きな私としては、この記事を放っていくわけにはいきません(笑)。記事を読むと、このブッチェッラートがルッカで誕生したのは、なんと1450年!貴族たちを喜ばせるために作られた、上品なお菓子だったそうです。名前の由来はラテン語のブッチェッラ=ひとくち、または古代ローマではブッチェッラトゥム=パンの冠、からきているそう。それから500年以上の時を経ても、ルッカの日曜日の食卓には欠かせないおやつとなりました。ルッカのことわざでは、「ルッカに来てブッチェッラートを食べなかったら、ルッカには来たことないのと同じだ」そうなので、ルッカに行かれる方はぜひ、パン屋さんやバールで探して食べてみてください。そしてルッカにはまだ行けないけど食べてみたい方は、私みたいに作ってみてくださいね!

ぶっちゃけ、ただのレーズンパンと言えばそうなんですが(笑)、ダンナは気に入って、カフェラッテにドボドボつけながら食べています。

材料

◎小麦粉・500g ◎砂糖・150g ◎バター・50g ◎ビール酵母・20g ◎卵・2個 ◎牛乳・コップ1杯 ◎干しブドウ・50g ◎アニスシード・小さじ2杯 ◎塩・ひとつまみ ◎リキュール・適量(お好みで)

※写真はこの半量で作ったものです。※個人的にはレーズンとアニスシードㇽを倍くらいにした方が美味しいと思います。

作り方

1)小麦粉、砂糖、バター、イースト、塩を混ぜた中に、溶いた卵1個と牛乳&少しの水を混ぜたものを入れ、よくこねる

2)こねながら、お好みでリキュールに漬けておいた干しブドウ、アニスシードルも入れて、さらにこねる

3)2)を1時間ほど寝かせて発酵させる

4)1次発酵したら、ソーセージ形あるいはドーナツ形にし、2次発酵を助けるために表面に切り目を入れる

5)4)1時間発酵させたら、表面に溶いた卵と砂糖を混ぜたものを塗る

刷毛がなかったので、ベッタベタですが(苦笑)この写真とTOPの出来上がり写真と比べると、切り目がメリッと横に広がってますね。

6)温めたオーブンで1時間焼いて、出来上がり!
(オリジナルレシピには温度は書いてませんでしたが、私は200度で焼きました)

関連記事

  1. イタリア北部、トレンティーノ・アルトディジェ州の美味しいもの

  2. 暑い夏のランチは、「トスカーナ風前菜盛り合わせ」に限る!

  3. 【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フランチェジーナ」

  4. トスカーナの前菜になくてはならない一品!レバーパテのクロスティーニ

  5. 意外な組み合わせが絶妙なパンのサラダ、パンツァネッラ

  6. カーニヴァルのお菓子、お米のフリッテッレ

  1. 「バロネッサ」っていったい何者?イタリア貴族の名称と格付けを調…

    2019.02.23

  2. 意外と知らない、化粧品の使用期限は?

    2019.02.22

  3. 【我が家の食卓】包まないトルテッリーニ「クアドルッチ」は、簡単…

    2019.02.21

  4. フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わ…

    2019.02.20

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その4・選べる楽器

    2019.02.19

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image