トスカーナ(フィレンツェ・シエナ・各地)でウェディング・フォトツアー

フィレンツェ、シエナなどの古都や、オルチャ渓谷などのトスカーナの絶景とともに、一生記念に残るウェディングフォトを撮影してみませんか?

トスカーナ自由自在では、シエナを中心にトスカーナ全域、イタリア各地で撮影を行うウェディング専門フォトグラファーと組み、トスカーナでのお二人の思い出を最良の形で残すウェディング・フォトツアーをコーディネイト致します。フォトグラファー&コーディネイターは撮影に最適な美しい場所を熟知し、ご希望を加味したプランや行程をご提案しますので、どうぞ皆さんのご希望をお聞かせください。

フォトグラファーはシエナ在住のマルコ。元々はオルチャ渓谷の出身、私の主人のハトコなのですが、近年、自分の好きな写真を突き詰めて副業としてウェディング専門フォトグラファーとなったのです。副業といえど、その作品にかける情熱はすさまじく、単なるウェディングフォトだけではくくれない、ドラマチックな、そしてストーリー性を重視した撮影を行っています。

ウェディング・フォトグラファー協会にも所属し、近年は賞を受賞したり、他州からもお呼びがかかるほどの人気ぶり。写真はモノクロ・カラー混ぜ合わせ、フォトグラファーが提案しながら自由に撮影しますが、もちろん「こんなカット」を撮りたい!というご希望も盛り込みます。その他の写真はギャラリーに掲載してますので、ぜひご覧くださいね。

コーディネイト・通訳は私、中山久美子が行います。個人ブログでお問合せをきっかけにヴェッキオ宮殿の挙式コーディネイト&通訳を行い、その後、日本の某代理店のフィレンツェ担当となり、その経験は10年以上。当日のフォトグラファーとお客様のコミュニケーションはもちろん、場所の選定や全体のコーディネイトまでトータルで全面サポート致します。

挙式のコーディネイト、挙式やウェディングではない写真撮影やコーディネイトも承っています。また、トスカーナ以外でも対応できますので、まずはお気軽にお問合せ下さいませ。

僕はウェディング「ドキュメンタリー」フォトグラファーです。
僕の写真を通じて、愛し合う2人のストーリー、真のラブストーリーを伝えたい。
それは人工的なポーズやセッティングではなく、リアルな瞬間をとらえることなのです。
それは必ずや一生残る、ウェディング・ストーリーとなるでしょう。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
料金表

フィレンツェ、シエナでの料金は下記になりますが、イタリア各地でも対応できます。

フィレンツェ 2時間

旧市街とミケランジェロ広場

820ユーロ コーディネイト・通訳付フォトツアー(撮影約300枚・全写真データ+うちマルコ特選フォト100~150枚「ストーリー」編集データ+プライベートオンラインギャラリー設置)、ハイヤー付き
4時間

旧市街とミケランジェロ広場
+αも可能

 1450ユーロ コーディネイト・通訳付フォトツアー(撮影約500枚・全写真データ+うちマルコ特選フォト100~150枚「ストーリー」編集データ+プライベートオンラインギャラリー設置)、ハイヤー付き
シエナ

 

 

2時間

旧市街

1100ユーロ コーディネイト・通訳付フォトツアー(撮影約300枚・全写真データ+うちマルコ特選フォト100~150枚「ストーリー」編集データ+プライベートオンラインギャラリー設置)
4時間

旧市街
+αも可能

 1650ユーロ コーディネイト・通訳付フォトツアー(撮影約500枚・全写真データ+うちマルコ特選フォト100~150枚「ストーリー」編集データ+プライベートオンラインギャラリー設置)

※ その他の場所、時間などは別途お見積りを致します。

【オプション】
◎ ヘアメイク:300ユーロ~(場所によっては経費が、撮影も同行の場合は別途料金がかかります)
◎ 生花ブーケ:100ユーロ程度~(ご希望の花・形などによる)

※ 写真データ納品まで、4~5週間かかります。
※ オンライン・プライベートギャラリーのリンク&パスワードは約1週間後にお渡しできます。ご家族やご友人が、オンラインで自由に閲覧できて便利です。

2018年6月3日~7月26日、9月1日~9月13日の期間は受付できませんので、ご了承ください。その他の日程については、まずはお問合せ下さいね。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア屈指の赤ワインの里、モンタルチーノ・ブルネッロのワイナリー

  2. 「白いクジラ」がいる森の天然温泉、バーニ・サン・フィリッポ

  3. フィレンツェ北部、キアンティ・ルフィナのオーガニック・ワイナリー

  4. トスカーナの思い出を素敵に残す~写真撮影プログラム

  5. 公共機関だけで行ける!ピエンツァの「昔ながらの」アグリツーリズモ

  6. パンツァーノ・イン・キアンティ、隠れ家のようなB&Bと料理教室

Copyrighted Image